古材の買付け(その4)

引き続き買付けの旅。

今日は、ドライブ中に湖を見ました。 人工でしょうか?天然でしょうか?

ドライブ風景

ドライブ風景

珍しく線路を渡ります。 

ドライブ風景

ドライブ風景

こんな道に入ってくると、道に迷ったか。。。と心配になります。 人もいません、対向車もありません。

ドライブ風景

ドライブ風景

解体現場から取り出された古材の板を丁寧に保管

解体現場から取り出された古材の板を丁寧に保管


今日たどり着いた場所では、古材の板を桟入れして、全面、自然乾燥状態で保管。 非常に乾燥状態も良く、晩翠律を計測した具合では、強制乾燥を掛けます。

2015-06-11 

 

古材の買付(その3)

日続き、古材の買付けです。
山脈の中を走っていると、所々、川や橋などもわたっていきます。

ドライブの風景

ドライブの風景

走っても走っても。。。。山です。 アメリカ大陸は広い!

ドライブ風景

ドライブ風景

freeway から外れ、道は一直線。

ドライブ風景

ドライブ風景

道路のライン書き換えの工事車両の列に掴まってしまいました。。。。。。この後ろでとろとろ、とろとろ。 こんなこともあります。

ドライブ風景

ドライブ風景

今日はロングドライブの末、古材にあたりました。。。。。こちらは、数か月前に解体依頼をした物件から採りだされた古材バーンボードです。 商品詳細は、こちら。http://www.oyamalumber.com/antique/sw-sk-bd.html
検品して、選別した後の良材は、ちゃんと屋根がある倉庫で保管をします。

採れたての古材バーンボード

採れたての古材バーンボード

稀ですが、バーンボードに赤ペンキも採れます。
自然にペイントが風化した具合が、好きな人にはたまりません。
商品については、こちら。http://www.oyamalumber.com/antique/sw-sk-bdr.html
勿論、屋根の下で保管です。

古材バーンボード・レッド

古材バーンボード・レッド

2015-06-10 

 

古材の買付(その2)

今日も古材の買付け。 今日は快晴、牧草地帯と言いますか、山脈の裾野と言いますか。。。。。走っていると、空がとても近く感じます。

ドライブしながら。

ドライブしながら。

森を抜けて、山を越えたと思ったら、小さな町。。。。。。のどかです。

アメリカの田舎の町

アメリカの田舎の町

今日の訪問先は、先日解体が終わった物件から取り出された板をまとめてある場所。

古い建築物かた採りだされた古材

古い建築物かた採りだされた古材

下記のような板材は、なかなか日本には無いものです。 日本の古い建築は、柱と土壁でできていますが、北米では、柱と板で作られていた建築が多いため、板もふんだんに取り出すことができます。

解体物件から採りだされた古材の板

解体物件から採りだされた古材の板

状態のチェックが終了したら、また、次の場所へ。。。。。

解体現場ある周りの風景

解体現場ある周りの風景

2015-06-09 

 

古材の買付け(その1)

アメリカ東部の怪しい空模様の下、古材の解体物件を探して、ドライブ!

アメリカ東部をドライブしながら解体物件へ。

アメリカ東部をドライブしながら解体物件へ。

ついに雨も降りだしました。

雨!

雨!

道に迷いながらのドライブの末、有りました。。。。。。今回の買付け物件が森の中にひっそりと。 建てられてから100年以上経過した納屋です。 

今回の買付け物件

今回の買付け物件

建物の中をチェックしてみると、良質なオーク材がふんだんに使われています。
この辺りは、元々オークが取れる地域なので、古い建物にも、オークが多く使われています。

良質なオークが採れそうな物件

良質なオークが採れそうな物件

当社目玉商品の”シルバーグレイの”バーンボードも、採れます。

シルバーグレイのバーンボード

シルバーグレイのバーンボード

これから、手作業での解体をお願いし、その後、採れた材を検品し、日本に送られますが、まだまだ数か月かかります。 いつものことですが、先が長い話です。
ここ最近日本に入荷している古材類は、半年以上前にアメリカやカナダで買い付けた物件から、採りだされ、選別され、一部加工されたものです。

という事で、今回は”当たり”でした。また、次の解体物件までは車で400km。。。。。。来た道を Freeway まで、戻るとします。

2015-06-08 

 

古材の買付でルイジアナへ

古材の買付で、ルイジアナ州に来ました。
ハリケーンの影響も癒えている。海抜がマイナスのエリアですから、飛行機から見る風景もまさに湿地帯。

着陸直前に見えた風景。やはりルイジアナは湿地帯なんですね。

着陸直前に見えた風景。やはりルイジアナは湿地帯なんですね。

ミシシッピ川の河口付近。

初めて見る(たぶん?)ミシシッピ川

初めて見る(たぶん?)ミシシッピ川

アメリカにして、アメリカらしい雰囲気とは異なる南部の町、ニューオリーンズ。
JAZZの町です。

1791スペイン植民地当時のマーケットの周りの家々

1791スペイン植民地当時のマーケットの周りの家々

2015-05-26 

 

北米での買い付け(その3)

今日は角材が集められた倉庫にやってきました。
今回は、200年近く前に建てられた建築物から取り出されたオーク材。
ちょっと見、ボロボロですが、とても良い状態です。

古材オークの角材

古材オークの角材

移動中にゴルフ場の看板が見えたので、ちょっと立ち寄ってみる。
ここは、スコットランド風にレイアウトされたゴルフコースとのことで、なるほど、コース内の森林は少なく、フェアウェイとラフが極端に刈られている。 バンカーも全英オープンなどでよくみられるアリソンバンカー(トミーズ・バンカーともいわれます)が随所に配置されている。

ゴルフ場もオープンで、いろいろ見せていただけました。

スコットランド風

スコットランド風

2013-10-03 

 

北米の買い付け(その2)

フリーウェイをドライブしながら、古材の解体現場や、解体された素材が保管されて倉庫を目指します。

フリーウェイをドライブ

フリーウェイをドライブ

ところどころ、こんな田舎町を通りますので、水や、コーヒーなどを補給します。東部は、こんな煉瓦作りの建物が多いです。

田舎町

田舎町

今日訪れた委託場所にも、サザンイエローパイン、ニレ、ビーチなどの良質な古材が、集まってました。
時間をかけながら検品しながら、吟味します。 我々も、随分古材を取り扱っているので、現地の人たちも、我々の好みを知って素材を集めてくれるので、当初に比べ、使えないものが少なくなりました。

各種、古材の素材

各種、古材の素材

2013-10-02 

 

アメリカでの買い付け

当社の古材に加工できる素材が、集まったため、北米に出張。
良質なオーク材が、結構集まっておりましたので、状態チェック、サイズチェックを行いました。
これだけ、集めるのは至難の業です。


集められた原料

集められた原料

検品作業が終わり、車で倉庫を出発すると、もう夕方。 湖に落ちる夕日がきれい、”日本から遥々やってきたな~”と。

カナダの夕暮れ

カナダの夕暮れ

2013-10-01 

 

アンティークマーケット

イギリスのアンティークマーケットを覗いてみました。

対象のお店が軒を連ねて、大賑わいです。

 

 

アンティークマーケット

アンティークマーケット

 

使い古した古い木製の箱なども、売ってます。

 

 

古い木箱

古い木箱

 

 

こういったものは、現地で現物で買い付けないといけませんね。

2012-10-09 

 

1 2 3 4 5